書斎の模様替えをした話

ストレスが溜まると部屋の模様替えをしたくなるのは何故なんでしょうね。

別に今に始まった話ではないのですが。

子供部屋をもらった高校生の時から、わたしは何か気に入らないことがあったり気に掛かることがあると、中間試験の最中であろうが家族が寝静まった深夜であろうが、本棚の位置を変えたり机の位置を変えたりしていました。

本棚と一口で言っても子供のころから多読で、父親の本棚以上に本が詰まっている本棚でした。数百冊はあった本を棚から引き出し、床に積み上げ、そしてまた位置を変えた後の本棚に戻す。結構重労働でしたが、終わった後はえも言われぬ充実感と心地よい疲労感で気分がさっぱりしたものです。

大人になってからもその習慣は変わりません。

書斎の模様替えをするのであれば土日に、それこそ先週終わったばかりのゴールデンウィークの最中にすればよいものを、ゴールデンウィーク明けの業務が溜まりきった平日月曜日の夜に突然思い立って始めてしまいました。

いまわたしが住んでいる家は上大崎にある賃貸の一軒家で、こぢんまりとした2階建ての2階の5畳ほどの狭い部屋を書斎として使っています。

本棚が4つ。180センチほどある樫の板をそのまま天板とした机と袖机、フルタワーの自作PC、そしてコロナ禍が始まって家から出なくなったために運動不足解消のために購入したスピニング用の室内バイク。机の上には42インチ4Kモニタ、27インチ4Kモニタ、32インチワイドモニタ、27インチWQHDモニタが鎮座しています。

思うに模様替えの極意は、細かいところにこだわらぬことではないでしょうか。大きなものからざっくりと動かすのが良いと思います。細かいところに目が行ってしまうと、模様替えではなくただの掃除になってしまうのですね。

わたしの書斎の場合は、机の天板と袖机、本棚を入れ替えることが山場と言って良いでしょう。

本棚に入っている本の並びや種類に囚われてはなりません。モニタを全て別室に運び、机の天板を立てて本棚を置く場所を確保します。本を部屋の中央に積み上げ、それが天井にまで達したときには、いったいわたしは何をやっているんだろうと、苦笑せざるを得ませんでした。

そして机のあった場所に本棚の一つを移し、本を戻します。

本棚のあった場所に机と袖机を配置します。

机の上にあったモニタを戻します(ただし、今回はWQHDの方を戻して、4Kモニタを戻すのを諦めました。机の横スペースの関係で置く場所が確保でなかったのです。ちなみに、なぜモニタとしては解像度が低いWQHDの方を残して4Kを諦めたかというと、最近、27インチ4Kモニタだと、老眼にキツくなっていたからです)。

仕事が終わる18時過ぎにはもう模様替えを始め、夕食を経てモンハンライズで一狩り行き、21時過ぎからまた模様替えを続けました。

部屋が片付いたのは深夜12時過ぎ。満足でした。昼間のうちに感じていた仕事や人間関係の疲れはもうありませんでした。

よく、料理はストレスの解消になるといいますね。レシピ通りやればよほどの料理下手でない限りレシピ通りの美味しいものができあがるからでしょうか。

わたしの好きなYouTuberである平岡雄太さんが仰っていました。過去と他人は変えられない、しかし自分を変えることは容易ではないができる、と。

料理とは、論理的化学的なプロセスであり、それを駆使することができたという自己肯定感が、自分を変えた、自分が変わったと思わせて、ストレスの解消に繋がっているのではないでしょうか。

書斎の模様替えに論理的化学的なプロセスがあるわけではないですが、おそらく、わたしにとっての書斎の模様替えも、これと似たような効果があるのではないかと思ったりしています。