川奈まり子

川奈まり子さんの『迷家奇譚』で癒やされるのは何故だろう

子供のころ、わたしは龍を見たことがあります。 小学生か、もしかしたら小学校にあがる前のことかもしれません。母方の祖父母の家を夏休みに訪れたときのことです。その日は台風の上陸とぶつかってしまい、夏休みは佐賀関の海沿いの祖父母の家で過ごす...